ダイビングの指導団体はひとつじゃない

ダイビングって今までとはちがった世界が広がるという意味で、他のスポーツとは一線を画していますね。
スキューバダイビングのライセンスは、正確にcertification(認定)カードの略でCカードと呼ばれます。
ダイビングライセンスのコースを南の島で受ける時には、日本で学科、プールだけを済ませた方が時間を無駄にしないのでお勧めです。
スキューバダイビングのライセンスは国家資格などではなく、民間の指導団体が安全に潜れる為のカリキュラムを組んでいます。
世界のどこでも通用するダイビングライセンスとして、PADIのライセンスがあります。世界中のダイバーの6割ほどがPADIのCカードを持っているのです。
PADIのダイビングスクールを探すのには、PADIジャパンのホームページに載っているショップリストを見ると良いでしょう。
ダイビングスクールを選ぶ際は、通いやすいことも大切ですが、一番のポイントは信頼できるインストラクターがいることでしょう。
ダイバーになったら、いよいよダイビングツアーに参加しましょう。同じ趣味の仲間がたくさん増えるのも楽しみのひとつです。
ダイビングを伊豆で楽しむのなら、1泊で出かけるのがお勧めです。温泉に入ったり、海鮮料理を楽しむこともできます。
そして伊豆のダイビングである程度自信がついたら、ぜひ沖縄ダイビングデビュー。世界屈指のサンゴ礁があなたを迎えてくれます。
いきなりダイビングライセンスはちょっと不安・・・というのなら、体験ダイビングに挑戦してぜひ一度海の中をのぞいてください。
最近は親子でダイビングを楽しんでいる人も多いです。中高年向けのダイビングコースを開催しているショップもあるのでぜひ探してみてください。

ダイビングをしている芸能人って多いですね。もしかしたら、どこかの海でばったり会えたりすることもあるかもしれません。
スキューバダイビングのライセンスは、正確にcertification(認定)カードの略でCカードと呼ばれます。
ダイビングライセンス取得は、南の島に旅行に行ったついでにコースを受講する人も多いですね。
スキューバダイビングのライセンスを発行する団体は、実はひとつだけではなく、いくつかあります。
世界のどこでも通用するダイビングライセンスとして、PADIのライセンスがあります。世界中のダイバーの6割ほどがPADIのCカードを持っているのです。
日本のダイビングスクールもPADIに所属しているダイビングショップが多いですね。
せっかくのダイビングですから、楽しく続けられるダイビングスクールを選びましょう。やはり、信頼できるインストラクターがいることは大切です。
ダイビングを通して新しい仲間を作るのなら、ショップ主催のダイビングツアーに参加するのが一番近道です。
東京や神奈川のダイビングスクールでは、伊豆のダイビングツアーを多く開催していますが、1泊して温泉でのんびりなんていうのもいいですね。
そして、南の島へ行くのならグアムのダイビングがいち押しです。ボートで移動しているとイルカが迎えてくれます。
体験ダイビングをするのももちろん良いですが、やはりライセンスを取得すると自由に泳ぎまわれるようになります。
最近では中高年の方もダイビングを始める方が多くなりました。75歳でダイビングライセンス取得なんていう方もいるなんて素敵なスポーツですね。